So-net無料ブログ作成
検索選択

Season 3:Episode 3:Above The Law [The Walking Dead:PC Game]

WalkingDead3  Above The Law.jpg

リッチモンドで数年ぶりの再開を果たしたハビエルと兄のデビッド
ケイトのケガの治療もあって、メンバーは内部へ。

・ニューフロンティアを管理する3人のリーダーの存在
・マリアナを殺した連中に対する制裁
・クレメンタインとデビッドの過去

など、これまで脅威の対象だったニューフロンティアの
核心部分に少し触れる事になるTWD・エピソード3

ハビエルとデビットの共同作戦的なストーリーで
新登場キャラも深く関わってきた訳ではないので
今回は感想メインで人物紹介は割愛。

衝撃の再開後ひどい仕打ちを受けるのではないかと
内心不安だったけど、予想に反して心良く迎えてくれたデビッド
治療を受けているケイトの所へ向かう途中、やはり話はマリアナの事に。WalkingDead3 Above The Law1.jpg

この時点でマックスとバジャーの死亡はほぼ確定か

個人的には、前回のエンディングの時から
選択肢がどう出ようがこの2人を殺る気マンマンだったので
今回のこの流れはどのプレイヤーも納得するんじゃないだろうか。

心配していたケイトも無事な様子
部屋で診ているのがニューフロンティア4人のリーダーの1人
医療担当・医師のポールWalkingDead3 Above The Law2.jpg

デビッドは警備担当で、4人のリーダーの内の1人だそうだが
他の3人に比べるとそれほど権限が無いらしい。

ここで気になるのが、以前にも書いたハビエルとケイトの淡い関係。
エピソード3を終えて特に思うのだが、この2人の関係が原因で
せっかく仲良くなれたデビッドとの間に修復不可能な亀裂が
入るのでは?と今から心配してしまう。

それと、クレメンタインはAJをデビッドに奪われた過去があり
この件については今もAJの生存を確認できていない。
黙ってAJに薬を打とうとしたクレメンタインも悪いけど
仲間同士なのにコソ泥扱いして即追放も厳しいなぁ、と思った。
この話で一番の謎はAJは何の病気なの?と言う事

4人のリーダーがギリギリで揃っている絵
左端のキャップをかぶっているのが食物管理担当・クリント
黄色のベストが交渉担当・ジョアンWalkingDead3 Above The Law3.jpg

ここに至るまで多くの犠牲があったと言うリーダー達。
泥棒は許さない、わかるようなわからないような鉄の掟など
一応、ここでのルールはこの3人で決めているらしい。
ただし、ジョアンに関しては裏で誰かを操っていたようで...

双方の事情を色々と聴いてはくるものの
最初に嘘をついた方が勝ち、と言う
なんともお粗末な審問会。

法の死角を突いて強奪の限りを尽くしていたマックス達を追い詰めたが
残っていたのが意外な伏兵ロニー

結局、ロニーの言う事ばかりを信じてしまうリーダー達を前に
デビッドが逆切れして幕を閉じるエピソード3

この段階でまた次はコミュニティ崩壊からの逃亡劇かな~
とか思ってしまったけど、どうなんだろう。

今回は兄弟の絆が描かれていて、それがわかりやすくて
意外と、と言っては申し訳ないけど面白かった。
あんまり色々しないで直球勝負の方が良いいかもしれない。
コメント(0)

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。