So-net無料ブログ作成
検索選択

All Quests in Fallout 3 [Fallout 3]

Mothership Zetaは面白かった。

仲間達との熱い友情が描かれていた訳でもないのに
クエストを終えた時、このドリームチームも解散か ・・・ 
と、ちょっと寂しい気持ちになったのは間違いない。

時代や国の垣根を越えて結成された奇妙なチームが
力を合わせながらエイリアンを倒し、宇宙船から脱出すると言う
とても賑やかな冒険活劇に仕上がっていたMothership Zeta。

個性派揃いが集まって、仕方なく手を組んだ感もあったけど
生まれや育ちの違いを軽やかに飛び越えて一致団結してみせた
仲間達や主人公の”たくましさ”は、見ていてとても頼もしかった。

これで、公式が配信した全てのクエストをクリアした。
そして、俺がFallout 3の記事を書くのもこれで最後だ。
やる気がないから書かないのでは無く、これで終わりにするつもりだった。

そんな気持ちで「Mothership Zeta」の冒険に挑んだ、と言ってもいい。
本編と「Operation: Anchorage」 と「The Pitt」は記事にしていないだけで
既にクリアしているので、卒業するにはちょうどいい時期だとも思う。

だから、俺のクエスト「All Quests in Fallout 3」はこれで無事完了だ。

個人的にFallout 3を振り返ったり、千言万語を費やしたりはしない。
代わりにFallout 3のTrailer をこの記事の締めくくりとして紹介し
そして、荒野を旅する全てのLone Wandererにエールを送りたい。

- おまけ -
「Prepare for the future」で有名なVault-Tec社の地下シェルターのCM。
字幕付き動画があるので、そっちを見たほうが早いんだけど一応記載。
ここに書いた字幕も公式からの引用だ。

「アメリカンライフは最高ですね。
  平和に自由、それにベーコンと卵。
  完璧ですよね? でもそうでなかったら?」

「皆様、未来は想像以上に危ういものです。
  核戦争が起きたらどうしますか?
  Vault-Tec社の地下シェルターを予約すれば、家族の未来も安心。」

「その通りボブ、すぐに行動すれば後は惨劇が過ぎ去るのを待つだけ。」

「ドリス、Vaultには近代的な暮らしに必要な設備も万全
  しかもスタイリッシュ。」

「サリー、Vaultでも”特別”な人に出会えるかも
 そしてVaultの皆と偉大な国の人口を回復するでしょう。」

「ビリー、君には友達が沢山できるぞ!」

Vault-Tecの地下シェルターに、家族の場所を確保しよう。

Vault-Tecで未来に備えよう!
(Prepare for the future with Vault-Tec)

 「さあ、今すぐお電話を!!」

上の動画に登場するちっちゃな頃の主人公の背中を見てたら
あぁ、ホント色々あったなぁ ・・・ と、少しウルウルっとしてしまった。
思い出に浸ったりできるのはクリアした人の特権かもしれないね。


共通テーマ: ゲーム コメント(0)

This Galaxy Ain't Big Enough... [Fallout 3]

全員生きて無事脱出できるのか ・・・Enemy mothership 1.jpg

相手艦と真正面からデス レイを撃ち合う、真っ向勝負のブリッジ対決。Enemy mothership 2.jpg

3つのボタンは、Shields・Intermediate・Powerful Rayに対応したスイッチ。
防御時はシールドに、攻撃時はパワフルのエネルギーに切り替える。
真ん中のIntermediate(ニュートラル)は1回も使わなかった。control three buttons.jpg

途中、ブリッジ内へエイリアン達が襲撃してきたりするので
ボタンを操作したり銃で応戦したり、と結構忙しいかもしれない。Alien attacking.jpg

敵艦を撃破すれば、クエスト「This Galaxy Ain't Big Enough...」は完了だ。Destruction of other Mothership.jpg


共通テーマ: ゲーム コメント(0)

Way to The Bridge [Fallout 3]

船内にある幾つかのエリアを単身進んで行き、ブリッジへと向かうクエスト。
行ける所は限られているはずなのに、途中で少し迷ってしまった。
3つのラボを行く序盤あたりの道筋がちょっとわかりにくいかもしれない。Observation Deck.jpg

Weapons lab(兵器ラボ) 

射撃場のような場所が3箇所あり、音声logが1枚あるエリア。
右にある2本組の細いパイプの上を歩けば、この隠し部屋へと辿り着ける。
来たからといって特別何かを得られる訳ではなかった。tiny stasis chambers.jpg

武器などの回収物が集中しているこの兵器ラボでは
試作型ドローンを破壊して入手するDrone cannon Ex-Bを2つと
Alien Disintegratorのユニーク、Destabilizer(デスタビライザー)と
小部屋にあるAtomic pulverizerの、3種類の武器を回収できる。shooting range.jpg

レイダーやスコーピオンが現れる一番左側の射撃場では
エイリアン武器によるダメージが20%上昇する
このDLC唯一の新Perk 「Xenotech Expert」を習得できる。

ただし、ここでEnergy Weapons(Alien weapons)を装備してないと
いつまで経ってもPerkを習得できないので注意しよう。
実弾撃ちまくってても、レベルが上がるばっかだ。

Experimentation lab(実験ラボ)~Biological Research(生物ラボ)

Experimentation lab.jpg

兵器ラボから順を追って進めば通り抜ける事になるエリア。
実験ラボでは3枚、生物ラボでは1枚の音声logが見つかる。

人とエイリアンのハイブリッド、Abomination(アボミネーション)が
初登場するエリアで、エイリアン達の生々しい実験の跡も残っている。
「忌まわしきもの」の名前通り、見た目が相当気持ち悪い ・・・ 苦手だ。Abomination.jpg

Death Ray control (デスレイ コントロール)

生物ラボからDeath Ray hub(デスレイ ハブ)を抜けて来るエリア。
マザーシップの主砲であるデス レイを操作できる。Death Ray Control 1.jpg

荒廃してしまったせいなのか、現実の地球と比べると青くない地球。
でもゲーム内とは言え、遥か上空から眺める地球はきれいだった。Death Ray Control 2.jpg

Living quarters(居住区)を抜けると、その先がThe Bridge(ブリッジ)で
しばらく姿を見ることが無かったトシロー カゴがなぜかここにいる。
この居住区に音声logが1枚あり、これで全25枚揃う(後から調べで判明)Living quarters.jpg


共通テーマ: ゲーム コメント(0)

Space Walk [Fallout 3]

イヤー、まさかこのゲームでSpace Walkできる日が来るとは思わなかった。
あ、これは記念写真です。
Space Walk.jpg

一緒にさらわれて来た妹が今だに見つからないサリー。
船に詳しいのはありがたいが、そっちはそっちで気がかりだ。Sally.jpg

話を進めると、なぜか色々な物で溢れかえるようになるEngineering Core。
以前の記事に書いたSmaller Buttercup toyもここで2体手に入る。
ここからアクセスできるエリアで回収できる音声logは全部で13枚だった。Loot in the Engineering Core.jpg

ここで気が済むまで探索をしたら、船の上層部へ向かおう。
Colonel Hartigan(ハーティガン大佐)から頂いた宇宙服を着用し
Decompression chamber(減圧室)を抜けて、船外の宇宙空間へ。Activate panels.jpg

3箇所のパネルを操作すれば、トランスポーターが作動する。
船体中央から内部へと運ばれたら、クエスト「Among the Stars」は完了だ。The transporter.jpg


共通テーマ: ゲーム コメント(0)

Robot Assembly&Hangar [Fallout 3]

引き続きソマーとRobot Assembly(ロボット組立工場)へ。
彼女の口からは修理の腕前を聞けるし、メカに得意な所も披露してくれる。
基本的にはほとんど別行動で、敵もそんなに多く出てこない。Robot Assembly 1.jpg

工場内では、Assembly lineに乗ってドローンが組み立てられている。Robot Assembly 2.jpg

奥へ進む為にAssembly lineを爆破して道を開く場面も。
この爆発で、なぜか2階にいたソマーが足に重症を負ってしまった。
そう言えばターコリエンもクエスト中に足を怪我していたような気がする。Robot Assembly 3.jpg

2つ目のジェネレーターを破壊した、残すはHangar(格納庫)の1つのみだ。Destroy the generator.jpg

妻と子を殺したエイリアンを憎んでいるCowboyのPaulson(ポールソン)
格納庫へ行く時は、このポールソンに力を貸りた。Paulson.jpg

格納庫内はそれなりに広いけど、迷うほど複雑にはなっていない。
目の前に浮かんでいるのは、Recon Craft Theta(偵察船 シータ)
地上にあったのとは別の機体だよなぁ ・・・?Hangar 1.jpg

ジェネレーター室のドアをいじると、警報が鳴ってエイリアン達が攻めてくる。
ここに並んだスイッチを押して、下に出現したエイリアン達を吹っ飛ばそう。Hangar 2.jpg

撃退できなかったエイリアンは、こちらに向かって攻撃してくる。
ポールソンも援護してくれるので、力を合わせて二人で反撃だ。Hangar 3.jpg

エイリアン達を全滅させればドアが開く。
これで3つのジェネレーター全てを破壊する事ができた。
この船の上層部へ行く為にも、一旦Engineering Coreまで戻ろう。Hangar 4.jpg


共通テーマ: ゲーム コメント(0)

Cargo Hold [Fallout 3]

おいおい、そのショットガンはどこで手に入れた? は、さておいて
いまさら紹介するまでも無い、毒舌と修理の腕前は達人級のSomah(ソマー)
今回は、そんな彼女と一緒に巡ったCargo hold(貨物庫)での出来事。Somah.jpg

エイリアンが地球で集めた色々なモノを保管しているCargo hold。
貨物庫と言っても、集めてきた品物はきちんと整理して棚に収められている。
看板やテディベア、武器弾薬から生物に至るまでお構いなしに運んで来てるぞ。Cargo hold 1.jpg

ベルトコンベア沿いの場所にあるターミナルを操作すると開けられるこの金庫。
中にはMPLX Novasurge(MPLXノヴァサージ)やメモ等があるので入手しとこう。
ダストシュートを見てると、ドラム缶や気の毒なバラモンなどが上から落ちてくる。Garbage chute.jpg

このエリアは、上にも通路があるので入り組んでいるように感じるけど
歩いてみると意外と単純な作りである事がわかる。所狭しと並べられた
アイテムに興味を引かれて、あっちこっち目移りしてると迷い易いかもしれない。Cargo hold 2.jpg

Cargo holdの最深部にあるResearch lab(調査ラボ)には
状態の良いButtercup toyが大量に格納されている場所がある。
このButtercup toyこそがこのラボの研究対象であり、最大の関心事のようだ。Buttercup toy.jpg

ずらりと並ぶWilson Automatoys製のGiddyup Buttercupポスター。
そもそもこのおもちゃ自体を地上で見た事が無い。さすがのソマーも
「廃墟で見た覚えのあるポスターがなぜここに?」と驚いた様子だ。Giddyup Buttercup.jpg

奥へ進むとさらに不気味な光景を目の当たりにする。
元々言葉が通じなかったので、意思疎通もできなかったエイリアン達。
”何を考えているのかさっぱりわからない”のがこれ程怖いとは思わなかった。

「大人だけを殺す、指向性殺人電波を発射する改良型Buttercup toy」
の開発に成功したんじゃないか?と、個人的考察をしてみたものの
なぜ彼らがButtercup toyに関心を寄せていたのかまでは解らないままだ。

最後に、このラボのこの棚の上にSmaller Buttercup toyが1体あるぞ。
位置的にはこれでだいたいわかると思う、発見したらジャンプしてみよう。
ついでに言うと、例の音声logもこのラボのエリア内に2枚あった。Smaller Buttercup toy.jpg


共通テーマ: ゲーム コメント(0)

Engine room&Cryo Lab [Fallout 3]

歴史的な大戦、Operation:Anchorage(アンカレッジ解放作戦)に従事していた
合衆国陸軍衛生兵のElliot Tercorien(エリオット ターコリエン)
俺の場合は、Engine roomとCryo Labへ行く時に同行してもらった。Elliot Tercorien.jpg

Engine roomはそれ程広くなく、目を引くような物もあまり無いエリアで
ぐるっと一回りもすれば、Electro-Suppressor(Unique Shock Baton)を
帰り際に入手できると思う。
Engine room 1.jpg

TercorienがDrone cannonを担いで大暴れしてくれたEngine room。
形を見た時、ついにドリル型のMelee Weaponが登場か!?と思って
ワクワクしたんだけど、実はAlien power moduleを消費するBig Gunだった。 Engine room 2.jpg

そしてターコリエンと共にCryo Lab(超低温ラボ)へ。Cryo Lab 1.jpg

ロボット組立工場はソマーで、格納庫はポールソンと担当が決まっている。
例えば、ソマーに話しかければ「ロボット工場に行きたいんだけど・・・」的な
選択肢が上に出てくるので、彼女と一緒に行きたい場合はそれを選ぼう。

試してないのでわからないけど、どこへ誰と行くのかは自由だと思う。
エンジンルームへ一人で行っても良いし、ポールソンと一緒にラボへ
行く事も恐らく可能だと思うので、複雑に考えずに行くのが一番だ。

ラボ内は研究用施設と保管庫の2つのエリアで構成されている。
ポッドで眠っているレイダーやグ-ルを開放する事も可能。
ちなみに、前半のこの施設の区画に音声logが4枚あった。Cryo Lab 2.jpg

エイリアン達が実験をしている場所を見て、あわてて近づくターコリエン。Cryo Lab 3.jpg

さらわれて以来、離れ離れになっていた部隊の仲間達を発見したが
時すでに遅く、この後の場所でもポッドで眠る残りの2人を見つける。
この2人については彼と相談して、開放するか安楽死させるか選べる。Cryo Lab 4.jpg

仲間達の安否を気遣い、ここまで探しに来たターコリエンだったが
悲しい事に彼の望むような結果は得られなかった。

他の人と来れば違う話が展開するのか知らないが、ここへは
当初の予定通りターコリエンと訪れたほうが良いような気がする。
このエピソードを体験できないのなら、ちょと損な感じがするからだ。

ジェネレーターを破壊する為に奥へと進むと、Cryo Storage Zone。
保管庫区域と呼べるこの場所も結構広いエリアで、Logは2枚あり
どこかで見たようなシルエットのキャラクターが数体眠っていた。Cryo Lab 5.jpg

とてもFallout 3の景色とは思えないCryo Storage Chambers。
まるで蜂の巣のような小室の集合、実はこれでも一部分だけだ。
これを全て埋めるまで、人間達を地球からさらうつもりなのか ・・・Cryo Lab 6.jpg

一つ目のジェネレーターの破壊は無事に終了した。
次回は足元に見えている、このお馬さんのポスターに戦慄する。Buttercup Toy Poster.jpg


共通テーマ: ゲーム コメント(0)

Among the Stars [Fallout 3]

Cryo Lab(超低温ラボ)Robot assembly(ロボット組立工場) Hangar(格納庫)
にあるGeneratorを破壊する事が主目的になるEngineering Core。
上記3ヶ所のエリアでは、協力してくれる仲間(担当)があらかじめ決まっている。

残りのエリアは、Maintenance level/Waste Disposal(ゴミ処理場)と
Engine room(エンジンルーム)Cargo hold(貨物庫)で、こちらは担当が無い。
この6つのエリアの攻略順も特に決まってないようなので、好きな順番で回ろう。Engineering core.jpg

まずはSallyとMaintenance level/Waste Disposal(ゴミ処理場)巡り。
彼女と一緒にTrash can(ゴミ箱)に閉じ込められてしまう冒頭場面で
Fallout 3では珍しい(初かな?)、ピカピカの新車がほんの一瞬だけ登場する。
残念ながら速すぎて撮れなかった、見たい人は少し集中して見てた方が良いかも。

この写真の右下に、General Chase's Overcoat(チェイス将軍のコート)とメモが
入っているBOXがある、暗くて見落としやすいので通り過ぎないように注意しよう。
幾つかのクレーンがあって、中二階から2人のエイリアンが攻撃してくる場所だ。General Chase's overcoat.jpg

この部屋では例のlog(音声ログ)を1枚入手できる。
ここまで来ればゴミ処理場を後にするまであとちょっとだ。
合流したSallyが教えてくれる小部屋にはSamurai Swordもあるので取っておこう。 Waste Disposal.jpg

彼がSamurai Sword(サムライソード)の持ち主、Toshiro Kago(トシロー カゴ)
メインミッションのジェネレーター破壊に同行してくれないばかりか
刀を渡すと一時的にどこかへ行ってしまう風変わりな人物だ。Toshiro Kago.jpg

本当なら、このままターコリエンと一緒に行った場所を書くつもりだったんだけど
なんだか記事としてまとまらなかったので、珍しく予定を変えて雑談を追加。
特に何て事は無い「Cryo」の扱い、と言うか読み方、と言うか解釈について ・・・

「Cryo」って聞きなれない言葉の意味は、「低温」・「冷凍」だそうで
近い言葉では、以前「Cryostasis」なんてタイトルのゲームがあったけど
それは寒いさむい~い北極の砕氷船が舞台のホラーアドベンチャーだった。

要するに「すごく冷たい」事を表す時に使う言葉なようだ。
今回も、勝手に意訳でCryo Lab(超低温ラボ)って書いちゃったけれど
「低温」なのか「冷凍」なのか、それともただの「冷却」なのか判断が難しい。

絵的に見るとすごく冷たそう(寒そう)な感じがするし、冷気がたまってる
ようにも見えるので、語感としては「冷凍」が近いのかもしれない。
単に蒸気が噴出しているだけなのかもしれないけど ・・・

どちらかと言えばその凍結技術よりも、ボタン一つで即座に
「瞬間解凍」できてしまうその技術力に驚かされちゃうけどね。
それとも人類が知らない未知の方法だったりして。


共通テーマ: ゲーム コメント(0)

Engineering Core [Fallout 3]

宇宙人にさらわれて、体いじられた上に(・・・ またかよ) 持ち物全部没収されて
女性の手を借りないと一人で脱出もできなかった、と言うみじめすぎる主人公。
裸一貫から、力ずくで一躍スターダムに駆け上がる活躍を見せるのはこれからだ。She's very knowledgeable.jpg

近くにあるCryo module(冷却装置)を暴発させて、部屋から開放したSally(サリー)
彼女は今まで何度も部屋から抜け出していたので、船内の構造を詳しく知っている。
Sallyの助けを借りながら、Steamworksを抜けEngineering Coreへと進んで行く。Cryo module.jpg

この爪を利用すれば上へ登れる。天井部分は自由に歩けて最初の部屋まで戻れた。
実はズルをしないと普通には上がれない、もしジャンプ力が2倍にでもなれば ・・・the ceiling.jpg

エイリアンを倒しながら通路を進もう、奪われた装備品もこの先で全部取り戻せる。small  greenish Alien.jpg

本作の主役の特徴はスロースターター。
話の内容が黒くてリアルっぽいので、怖いを通り越してコメディかと思いはじめたけど
ようやくエンジンがかかったようだ、冒頭に比べるとだいぶマシに見えてきた気がする。Support drone.jpg

それにしても、パンツの中にシャツを入れるのはいただけない ・・・ ・・・
仮にもGOTYを受賞したタイトルの主役なんだから、もう少し周りの目にも気を配れよ。
あ、ゴメン。 もしかして着心地重視派だった?
え? 腹が冷えるから!?  そうか、それじゃ仕方ねぇなぁ。

この区画はほぼ1本道なので迷わないと思う、Sallyがダクトを伝ってエイリアン達
を倒したり気を引いたりしてくれるし、所々にあるHealing archwayで回復もできる。
通路の棚にはAdapted biogelやAlien crystal等が置いてある、色々見て回ろう。Adapted biogel &Alien crystal.jpg

Engineering CoreでSallyと話せば、クエスト「Not of This World」は完了だ。
ここから先は、この冷凍カプセルで眠る宇宙飛行士の宇宙服が必要になるらしい。Colonel Hartigan.jpg


共通テーマ: ゲーム コメント(0)

Not of This World [Fallout 3]

これは、絶望のどん底から這い上がる1人の男の物語 ・・・Meet Somah.jpg

生死の決断を迫られながら、やがて成長していく男の足跡を追うNot of This World。

大きな陰謀と運命の渦に巻き込まれていく。 ← エイリアンに拉致られてパンツ一丁に。
彼と共に幾つかの任務を遂行する仲間達との友情ドラマ。       ← ソマーの言いなり。
もはや彼に失うものは何も無かった。  ← エイリアンに拉致られて黒パン一丁っスから。
この宇宙船から逃れる方法は、果たしてあるのだろうか。 ←   今宇宙人殴ってる最中。

エイリアンと戦いますか?  「はい」 ・ 「Yes!」←Escape from Holding cells.jpg

宇宙船内で最初に会う事になる地球人のSomah(ソマー)と言う女性。
彼女の提案通り「二人でケンカを始めて、それを止めに来た見張りを返り討ちにして
部屋から脱出する」という知的で繊細な、主人公にふさわしい作戦はみごと大成功だ。

通路へ出たら船内を探索してみよう、新武器Shock batonや服があるはず。
武器は、Alien atomizerやAlien Disintegrator(ライフル)等もこの後手に入る。
Somahと一緒に出口を目指し、スター・ウォーズ気分でHolding cellsを進んで行こう。Holding cells.jpg

これも新登場、船内に配置されているHealing archway (回復アーチウェイ)
どうも改造できるようなんだけど、まだよくわからないのでいじくる事はしていない。
とりあえず、この赤いアーチをくぐり抜ければ中程度体力が自動回復するようだ。Healing archway.jpg

これはHolding cells(独房)に6機あったControl panel。
これを操作すると Alien Captive recorded logを入手できる。
あと何枚あるんだろうか?番号が飛んでいるので内容はまだ聴いていないけど。Control panel.jpg

奥へ進むと女の子が囚われた部屋がある。
パっと見はごく普通の子供だ、近くにある装置を破壊すれば救出できるらしい。
実はこの女の子、大人顔負けの大活躍をこの先で披露してくれるぞ。Sally room.jpg


共通テーマ: ゲーム コメント(0)